野外での耳鏡の応用

USBデジタル耳鏡は広く使用されているデジタル製品です。外耳道や鼓膜のチェックだけでなく、口、歯、鼻腔、頭皮、毛根、皮膚のチェックにも使用できます。また、機器の壁、空洞、パイプライン、分析天びん、回路基板の検査、粒子の増幅、宝飾品の検査にも使用できます。検出、骨董品鑑賞、生物学研究、電子部品増幅、精密部品検出、絹繊維検出増幅、コイン検出、植物成長状態検出など。一般的には、コンピューターカメラ、デジタル顕微鏡、口腔内視鏡検査、宝飾品検出ミラーなどとして使用できます。

 

新しいタイプのデジタル電子製品です。光学レンズ、イメージセンサー、照明装置、画像変換制御回路、コンピューターで構成されています。キャプチャした画像をコンピュータのディスプレイに表示、保存、印刷、送信します。

 

耳鏡の使い方 ?

使用する前に、濡れた綿棒で外耳道を完全に清掃してください。

汚れた外耳道の分泌物は、USB耳鏡のレンズ表面を汚染し、画像がぼやける可能性があります。

USB耳鏡をレンズの20mm前方の物体に向け、焦点距離を調整して画像を鮮明にします。

USB耳鏡のフロントエンドにイヤーカバーを取り付け、USB耳鏡を外耳道に挿入し、コンピューター画面で外耳道の画像を観察します。

このウェブサイトのCookie設定は、最高のエクスペリエンスを提供するために「すべてのCookieを許可する」に設定されています。サイトを引き続き使用するには、[Cookieを受け入れる]をクリックしてください。

ショッピングカート

×