通常、赤ちゃんが病院で生まれた後、彼らはデジタル耳鏡検査を受けます。これは、赤ちゃんの耳に異物があるかどうか、そして新しい生物があるかどうかを調べるためです。これは赤ちゃんの健康を守るためです。多くの人が耳鏡検査も行います。耳鏡検査は非常に便利で、いくつかの問題をすばやく効果的かつ科学的にチェックできます。以下にいくつかの問題を紹介します。

 

使って 耳鏡 検査では、次の病理学的変化を観察できます。

耳垢塞栓症:過剰な耳垢分泌または排出の閉塞は徐々に蓄積し、耳垢塞栓症を形成します。一般的な症状は、外耳道の閉塞であり、難聴や耳痛を引き起こします。鼓膜が深く刺激されると、耳鳴りやめまいが発生することがあります。

 

外耳道内の異物:非生物学的、植物および動物の異物が外耳道内に見られます。綿、昆虫など。異物が小さくて刺激がない場合、症状がなくても長期間持続する可能性があります。異物は、外耳道を塞いだり、難聴や腫れを引き起こしたり、めまい、耳鳴り、耳痛を引き起こしたり、皮膚の損傷を引き起こしたりする可能性があります。

 

外耳道の腫れと潰瘍:一般的な病理学的変化は、外耳道の癤とびまん性の外耳道の炎症です。前者は、明らかな痛みを伴う局所的な発赤および腫れを特徴とする。

 

外耳道膿胸:外耳道の炎症や外耳道湿疹などの外耳道病変が原因である可能性があります。または中耳病変は鼓膜の穿孔から膿を出し、急性および慢性化膿性中耳炎などの外耳道に蓄積します。

 

外耳道狭窄:先天性の原因に加えて、多くの場合、びまん性外耳道の炎症と慢性的な外耳湿疹が原因で、皮膚の肥厚と外耳道の狭窄を引き起こし、しばしば聴覚に影響を及ぼします。

 

外耳道骨セグメントの後部上壁の崩壊:外耳道の真珠腫として、または慢性化膿性中耳炎乳様突起炎の結果としてしばしば発生します。

 

外耳道新生物:多くの場合、良性腫瘍、慢性腫瘍、または慢性化膿性耳炎媒体は、鼓膜の穿孔からのポリープが外耳道の植生を形成する、鼓膜腔内のポリープの成長につながる可能性があります。

 

上記の紹介を通して、耳鏡検査を行う理由を知る必要があります。私たちの耳は異物になりやすく、耳は敏感です。一般的に、それらはディープカットではありません。現時点では、耳の中の異物の存在をすばやく検出できるデジタル耳鏡が必要です。耳が不快で痛みを伴う場合は、耳鏡による耳の検査が必要です。

このウェブサイトのCookie設定は、最高のエクスペリエンスを提供するために「すべてのCookieを許可する」に設定されています。サイトを引き続き使用するには、[Cookieを受け入れる]をクリックしてください。

ショッピングカート

×