必要です イヤークリーナー、多くの場合、人間の耳には異物分泌があり、耳は開いた人間の構造です。空気の影響で耳にゴミが入りやすいので、耳に汚れがたまるという問題が発生します。したがって、クリーナーで適切に耳を洗うことで、人々は耳の汚れを取り除き、殺菌や抗炎症、家の感染や病気に関与することができます。次に、この記事では主に、人々が耳を洗うのに効果的に役立つ2つの薬を紹介します。 2つのイヤークリーナーは次のとおりです。

1.オフロキサシンクリーナーは耳洗いに使用できます。ロキサシンローションは優れた殺菌剤クリーナーであるため、耳の部分に作用することにより、非常に優れた抗炎症および殺菌の役割を果たし、中耳炎、外耳道の炎症、鼓膜炎などの耳の炎症性疾患の治療に効果的に役立ちます。 、患者が病気の症状を制御し、病気を治し、良い結果を達成するのを助けるために。しかし、このローションクリーナーは人体に一定の刺激効果があり、耳痛やかゆみなどの副作用を引き起こす可能性があります。したがって、このローションを使用するときは注意が必要です。

2.過酸化水素の主成分は酸素と水であるため、このクリーナーを使用して耳を洗うことは、化学物質の酸化に効果的であり、耳の汚れを水とガスに酸化して目的を達成するのに役立ちます。耳洗いの。過酸化水素を使用して耳を洗う特定の方法は、綿棒で耳に過酸化水素を塗るか、または過酸化水素を耳の片側に2〜3滴注ぎ、過酸化水素を耳に約1時間留まらせることです。 3分後、乾いた綿棒で過酸化水素を吸い出します。これらすべてのクリーナーは、人々が耳をきれいにするのに役立ちます。汚れ、耳洗いの役割を果たします。

上記の2つの薬を使用することで洗浄を行うことができますが、結局、耳は比較的壊れやすい組織です。薬用水で頻繁に耳を洗うと、耳の構造が刺激されやすくなり、過度の耳洗いにつながります。したがって、人々は通常、耳をきれいにするためにきれいな水を使用し、定期的に耳の糞を掘り出し、耳の掃除をうまく行うことができます。

このウェブサイトのCookie設定は、最高のエクスペリエンスを提供するために「すべてのCookieを許可する」に設定されています。サイトを引き続き使用するには、[Cookieを受け入れる]をクリックしてください。

ショッピングカート

×