自動車用ボアスコープは、工業用レベルの内視鏡の単純化された変形です。これらは、さまざまな自動車の内部コンポーネントをチェックするために使用されます。国内レベルでは、そのような電子機器には スパイカム または乳母カメラも。しかし、自動車業界に関して言えば、今日、さまざまな修理工場が、さまざまな自動車の修理またはサービス中にボアスコープを使用することを好みます。 

 

 

自動車産業におけるボアスコープの使用

 

 

自動車のボアスコープは、技術者が他の方法ではチェックするのが難しい自動車のより複雑な部分を検査および監視するのに役立ちます。 

 

 

ビデオスコープは、自動車製造会社向けに特別に作成されています。これは主に、エンジン、パイプ、エンジン、タンクなどの漏れや誤動作の可能性を検査および検出するために使用されます。 

 

 

ボアスコープは、不要な修理費用を回避するために使用されます

 

 

自動車のボアスコープを使用している間、ユーザーは車両の欠陥を検出し、より大きな損傷を回避することができます。ボアスコープを使用するときは、車両の全体的な設計を検討する必要があります。彼は、検査する必要のある部品またはコンポーネントの正確な位置を知っている必要があります。彼はすべての重要なリンク機器/ツールを装備し、事前に電源を監視する必要があります。自動車開発の初期段階で欠陥の可能性を発見できれば、不要な修理費を大幅に回避できます。  

 

 

内部コンポーネントを分析するためのボアスコープの使用

 

 

同様に、ユーザーは、検査が必要な自動車または車両の内部コンポーネントを通過するための正しいプローブを選択する必要があります。検査中に目立った障害がある場合は、スクリーニングまたは検査プロセス全体に影響を与える可能性があります。 

 

 

ハンドラーは、ボアスコープが目的の部分にスムーズに到達することを確認するために、車両を検査する際に特別な注意を払う必要があります。検査中に抵抗がある場合、ユーザーはすぐに停止する必要があります。プローブが動かなくなった場合、両方に損傷を与える可能性があるため、ユーザーはプローブを無理に引き抜かないようにする必要があります。車両とプローブ。 

 

 

ボアスコープの助けを借りて、将来の研究と分析のために、内部コンポーネントを簡単に写真に撮ることができます。検査が完了したら、プローブと機器のサイトを清掃する必要があります。 

 

 

ボアスコープは、車両の届きにくい部分をチェックするのに役立ちます

 

 

自動車のボアスコープは、さまざまなパイプの内部をチェックするためにも使用されます。車のエンジンの掃除やバルブカーボンの固定にも使用できます。 

 

 

これらとは別に、自動車のボアスコープが非常に重要である他のさまざまなタイプのアプリケーションがあります。 

 

 

これらの機器は、技術者が自動車部品を検査するために毎日使用しています。燃料コンポーネント、バルブ、油圧システム、チューブ、シリンダーなど、ボアスコープなしではチェックできないさまざまなコンポーネントがあります。 

 

 

ボアスコープを使用すると、時間を節約し、コンポーネントの分解を防ぐことができます

 

 

ボアスコープを使用すると、技術者は自動車部品の潜在的な欠陥を簡単に検出できます。さらに、ボアスコープが利用できない場合、技術者は侵襲的なテストとコンポーネントの分解を選択する必要があり、非常に時間がかかる可能性があります。 

 

 

ユーザーが利用できる2つの主なオプションは、光学ボアスコープとビデオボアスコープです。ビデオスコープは、ビデオまたは画像をカメラからプローブの端に投影します。一方、光学ボアスコープは、ユーザーが肉眼でしか検査できない光学/グラスファイバーシステムを使用しています。 

 

 

さまざまなタイプのボアスコープを使用すると、検査が便利になります

 

 

自動車整備士は主にこれらの検査ツールを使用してシリンダーとピストンクラウンをチェックします。アーティキュレーションが付属する柔軟なスコープは、整備士や技術者が車両の内部コンポーネントを検査し、ビデオを撮影して特定の自動車部品またはコンポーネントを固定するための最良の方法を選択するのに役立ちます。 

 

 

関節式ビデオスコープを使用してギアボックスまたはシリンダーブロックを検査でき、挿入プローブはガス、ディーゼル、水、またはオイルのいずれかです。 

 

 

多くのボアスコープには、ステンレス鋼のプローブとLEDライトが付属しています。これらのプローブは、より耐久性があり、日常の検査に実用的です。 

 

 

従来のボアスコープは、ユーザーが検査領域の複雑な詳細を表示できるようにするHD画面を備えています。 LEDライトは、自然光が届きにくい自動車の内部部品をチェックするのに適しています。したがって、そのような場合、技術者は通常、LEDライトやランプなどの光源が付属している星占いを好みます。

 

 

結論

 

 

自動車のボアスコープは、あらゆる自動車を検査するための便利なツールです。製造会社や自動車整備会社で使用されています。自動車とは別に、ボアスコープは精密機械加工、装甲車の製造に使用され、さまざまな歯車部品の複雑な開口部、ギャップ、グリップ、および品質を検査します。 

 

このウェブサイトのCookie設定は、最高のエクスペリエンスを提供するために「すべてのCookieを許可する」に設定されています。サイトを引き続き使用するには、[Cookieを受け入れる]をクリックしてください。

ショッピングカート

×